道内各地のジンギスカンを食べ比べ!北海道ジンギスカンフェスティバル

北海道内各地のジンギスカンが集合し、色々なジンギスカンを食べ比べできるのが「北海道ジンギスカンフェスティバル」。タレもいろいろ用意されるんですよ♪

ジンギスカンといっても、味付け、タレは後づけ、生ラム、丸い冷凍のジンギスカンロールなど、北海道では地域ごとに歴史や食べ方にも特色が違い、道民の好みも様々!

 

スポンサーリンク

北海道ジンギスカンフェスティバルの日程

2019年会場は、全面テント席とのこと!天候を気にせずジュージューしましょう!

開催日 2019年7月26日(金)・27日(土)・28日(日)10:00~21:00(ラストオーダー20:30)
会場サッポロファクトリー西広場(札幌市東区北2条東4丁目)
入場料 中学生以上1名700円、小学生以下無料
※ジンギスカン鍋・皿・箸・カット野菜は席使用料に含まれます。
※替えジンギスカン鍋・追加カット野菜は別途料金がかかります。
※グループの人数により鍋の枚数は調整させていただきます。
※入場パス返却時に100円をお返しいたします。

※毎年会場が変わっていますのでご注意を!


▲2019年のメニューと、出店名はこちら!

 

・その他、公式情報は「北海道遺産ジンギスカン応援隊」の公式サイト、最新情報はfacebookページをご覧ください。

北海道遺産ジンギスカン応援隊
北海道遺産ジンギスカン応援隊 - 「いいね!」1.2万件 - 北海道遺産ジンギスカンを道産子でより盛り上げていくためのFacbookページです。公式HP/

 

お肉もタレも、いろいろ食べ比べ!

ジンギスカンのタレといえば?

道民なら「ベル派!」「ソラチ派!」とそれぞれのお気に入りや、家庭ごとの御用達の1本があると思います。北海道ジンギスカンフェスティバル会場では、ジンギスカンのタレもいろいろ用意されています!同じメーカーでも、これは食べたことない、というタレもあるかもしれませんので、いろいろ味比べしてみるチャンスです!

▲「ソラチ~♪」「ベ~ルベルベル…♪」CM曲が頭をよぎりませんか


▲2019年、気になるのは7月に新発売されたばかりの「SORACHI1984使用 ジンギスカンのたれ」もタレコーナーにあるのか?!1984年北海道上富良野町生まれの伝説のホップを使用したソラチのタレ。会場では、このホップを使用したサッポロビールの「SORACHI1984」(おいしいですよ!)も提供されるそうなので、一緒に飲んでみたいですね!

▲写真は2018年、札幌駅南口で開催された会場の様子。その場で焼くことができるジンギスカン肉や、羊料理、サッポロビールなど、たくさんのブースが並びます。松尾ジンギスカン、しずお農場など、お肉屋さんや専門店が出店しているので、本格的なジンギスカン肉を味わえます!


▲わたくし、懐かしい丸い冷凍のジンギスカンロールが好きで、「丸ジン」と呼び、この丸ジンがあるお店を巡り歩いています。最近は丸ジンを置いているお店が少ないのですよね。いつか食べ歩いたお店からお勧めも紹介したいと思っています。


▲お肉屋さんの丸ジンはおいしい!!

▲ジンギスカン鍋が用意されているので、いろいろなジンギスカン肉を集めて食べ比べてみましょう!

北海道人のソウルフード「ジンギスカン」。一度にいろいろな肉とタレを食べ比べられるのは地元民でも珍しい機会です!