道庁赤レンガ前の広場にかまくら登場!雪と光を楽しむ「さっぽろ ユキテラス 2016」

2016年2月2日(火)~2月11日(木・祝)、札幌の街中にかまくらが出現!中に入ると面白い写真が撮れますよ!
「さっぽろ ユキテラス」は2015年に続き2回目の開催で、2016年は国内外の4人のアーティストの映像作品がかまくら内に投影され、広場の中央の鐘を鳴らすと会場内のライティングが変化します。会場は、2014年7月に道庁赤レンガ前にオープンした「札幌市北3条広場(アカプラ)」です。土日祝日にはワークショップも開催されます。

ユキテラス2016

2月5日(金)~11日(木・祝)には大通公園で「さっぽろ雪まつり」が開催されています。歩いて5~10分ほどですし、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)直結の会場でもあります。お買い物の途中に是非立ち寄ってみてくださいね。
【特集記事】
2016年の第67回さっぽろ雪まつり写真レポ!大通会場

 

−雪と光のプロジェクト− さっぽろ ユキテラス 2016

日時 2016年2月2日(火)~2月11日(木・祝)12:00~21:00
会場 札幌市北3条広場(アカプラ)札幌市中央区北2条西4丁目及び北3条西4丁目
ワークショップ(厳冬の植物 スノープラントの洞窟をつくろう!) 2月6日(土)・2月7日(日)・2月11日(木・祝)12:00~17:00
関連サイト SAPPORO YUKI TERRACE 2016 を開催します(札幌駅前通まちづくり株式会社)

ユキテラス2016

2016年は4つのかまくらが登場!中に入れます!

4つそれぞれのかまくら内では、札幌出身のアーティストやフランスから招聘されたアーティストたちによる映像作品が昼の12時から上映されています。

かまくら内をご紹介します!

ユキテラス2016の参加アーティスト
かまくら内部の作品展示をする伊藤隆介さん、志村信裕さん、François Vogelさん、水内貴英さん、会場内の光の演出をする高橋匡太さん(順不同)

・伊藤隆介

札幌出身の映像作家・美術作家。実験映画やビデオアートの分野で制作、発表を続けており、模型をビデオ撮影し拡大投影する「RealisticVirtuality(現実的な仮想性)」シリーズで知られています。かまくら内では、会場オリジナルの映像作品を上映しています。模型のたくさんのオブジェには、小さな小さな金づちや、赤ちゃんも!じっと見ているとブラックホールに吸い込まれていくようです。

伊藤隆介さん
「今回は可愛らしい作品を作ってみました」と伊藤隆介さん。

伊藤隆介さんの作品
ちいさなオブジェがたくさん!触らないように、近くで覗き込んでみてください。

・François Vogel/フランソワ・ヴォジェール

ユネスコ創造都市ネットワーク交流プログラムとして、フランス・アンギャンレバン市アートセンターの協力により、招聘されたデジタル映像作家のアーティストです。ユーモアを基調に、独自の撮影プロセスによるパノラマビジョンや3D映像によって時間や現実認識を変容させるような実験的映像を発表し、「札幌国際短編映画祭2010」での受賞歴もあり、札幌にゆかりあるアーティストの一人です。

フランソワ・ヴォジェールさん
かまくら内では、パラパラ漫画のような映像作品を上映しています。人々が行き交うパリの街並の風景に流れる時間と映像が、不思議な変化をしていきます。1つの映像の中で人々の進む方向が変化したり、時空がゆがんでいるような映像になったり。映像がストライプに変化してからがポイント!エッフェル塔が映るなど、パリの街並も楽しめます。

フランソワ・ヴォジェールさん2
フランソワ・ヴォジェールさん。彼の右に映る大きな鏡(顔が大きく写る仕掛けのフレネルレンズ)を持っているのがフランソワさんご本人。「パラパラ漫画を映像で表現しました。知覚を刺激する映像のエフェクト(効果)を楽しんでください」

札幌市は、文化芸術に代表される創造性を生かして、まちの活力や経済活性化につなげていく「創造都市さっぽろ」の取り組みの一環として、2013年に「ユネスコ創造都市ネットワーク」の加盟が認定されました。世界で2都市目、アジアで初めての「メディアアーツ都市」としての認定でした。札幌市は「さっぽろ雪まつり」でのプロジェクションマッピングなど芸術、映像への取組に力を入れていますよね!

・水内貴英

かまくら内がブラックライトによる色とりどりのサイケデリックな不思議な空間になっています。水内さんは、2月6日(土)・2月7日(日)・2月11日(木・祝)12:00~17:00からワークショップ「厳冬の植物 スノープラントの洞窟をつくろう!」を開催します。ぼんやり光る幻の植物「スノープラント」を作ってかまくらの中を飾るそうです。申し込み不要、無料です。小学生以下は保護者の同伴が必要です。
水内貴英さんのかまくらユキテラス2016-4

・志村信裕

色とりどりのボタンが、かまくら内を舞っています。記念撮影すると面白い写真が撮れそうです。

志村信裕さんの作品

鐘を鳴らすと会場内に変化が!

会場で夜限定で公開されるのが、高橋匡太さんによる光の演出作品「Snow Planets」(17:00~21:00)。広場中央の鐘を鳴らすと、光りの演出の色が変わります。6パターンありますよ!

ユキテラス2016
1日のうちで太陽が西から東へ移動する速度をイメージするよう、ゆっくり色が変化します。この鐘が太陽で、周りのかまくらが惑星。会場の光が変わると、かまくらの後にも光の影ができ、太陽系を表現しています。

札幌の中心部にかまくらが登場するのは10日間だけ!デートにも良いと思います。是非でかけてみてくださいね!

関連記事

twitter

ページ上部へ戻る