「サッポロクラフトビアフォレスト」2018年は道内外26ブルワリーが参加!

札幌発のクラフトビールのお祭り、「サッポロクラフトビアフォレスト」。2018年は、7月7日(土)と7月8日(日)にさっぽろばんけいスキー場で開催されます。
>>芝生に座り、自然に囲まれて飲むビールは最高!「サッポロクラフトビアフォレスト」

緑豊かな夏のスキー場でビールを飲むことができるのはもちろん、北海道だけでなく、全国のブルワー(醸造所)のビールが大集合するのが最大の魅力!もちろん樽生のクラフトビールです!ブルワリー(造り手)も来場するので、会話も楽しみましょう!

参加ブルワリー(インポーター含む)の紹介を、「サッポロクラフトビアフォレスト」(SCBF)実行委員会から承諾をいただき、公式サイトから文章を引用し、一覧でご紹介します!事前予習の参考になればと思います。

2018年の参加ブルワリー

北海道チーム

◆hokkaido brewing(小樽市)
「小樽発、ここでしかできないものを。」をスローガンに、地元素材を自在に使った製品を造り上げるブルワリー。

◆BEER CELLAR SAPPORO(札幌市)
札幌の姉妹都市ポートランドがある米国オレゴン州のビール&ハードサイダーを輸入販売するインポーター。

◆大沼ビール(七飯町)
大沼国定公園内にあるビール工房。ドイツ系エールに定評があり、その技術をもとに現代的なビールにも取り組む。

◆ニセコビール(ニセコ町)
一大リゾート・ニセコの美味しい水を十二分に活かし、大胆な原料を使うことも恐れないモダンなブルワリー。

◆月と太陽ブルーイング(札幌市)
創成川沿いに佇む、道産食材を活かした料理も人気のブルーパブ。少量生産ならではの様々な味わいを醸し出す。

◆えぞビール(札幌市)
フレッド・カフマン氏が率いるインポーター。アメリカのクラフトビールを日本に紹介したパイオニア的存在。

◆プレミアムビール鬼伝説(登別市)
登別温泉の麓にある、ホップやフルーツの香りを見事に開かせるビールを造るのが得意なブルワリー。

◆ノースアイランドビール(江別市)
道内ではいち早く北米スタイルのビールを造り始めたブルワリー。定番6種のほか、限定ビールも積極的に醸造。<SCBF実行委員>

道外チーム

◆サンクトガーレン(神奈川県)
1993年にアメリカで醸造を開始し、翌年の地ビール解禁の流れをつくった、日本のクラフトビールのパイオニア。

◆富士桜高原麦酒(山梨県)
本場ドイツの醸造学校で学んだ日本人ブルワーが、富士山から湧出する天然水を使用して造るドイツビール。

◆大山Gビール(鳥取県)
中国地方最高峰、鳥取県の国立公園大山(だいせん)は名水地として有名。自然の恵みを活かしたビールを醸造。

◆京都醸造(京都府)
ウエールズ人、カナダ人、アメリカ人が日本の古都に立ち上げた、常識や既存の枠にとらわれないブルワリー。

◆T.Y.ハーバーブルワリー(東京都)
西海岸サンフランシスコの技術を導入し、アメリカンスタイルのエールを醸造する天王洲アイルのブルワリー。

◆ハーヴェスト・ムーン(千葉県)
物語とエンターテイメントにあふれる舞浜。「イクスピアリ」のビアレストラン内に工房を構えるブルワリー。

◆秋田あくらビール(秋田県)
ドイツ・ミュンヘンのバイエルンスタイルを礎にしつつ、スタイルにこだわらない様々なビールを意欲的に醸造。

◆いわて蔵ビール(岩手県)
一関市にある世嬉の一酒造が、酒造りの技を活かして醸すビール。スタンダードに加え、意欲的なスタイルも。

◆志賀高原ビール(長野県)
200年以上の歴史がある志賀高原の酒蔵・玉村本店が醸す「この地ならではの自分たちが飲みたいビール」。

◆ヤッホーブルーイング(長野県)
「よなよなエール」でおなじみ、軽井沢に本拠を置くブルワリー。定番をはじめ個性的なビール造りにも挑戦中。

◆南信州ビール(長野県)
長野県第1号の地ビールメーカー。苦味に偏らないバランスのとれた味わいと華やかな香りのビールが特徴。

◆Y.マーケットブルーイング(愛知県)
名古屋初の都市型マイクロブルワリーとして醸造を開始。玄関口「名駅」からビールの新たな“楽しさ”を発信中。

◆伊勢角屋麦酒(三重県)
天正3年(1575年)創業の老舗「角屋」が造る、伊勢志摩地方唯一の地ビール。多くの国際大会で受賞歴あり。

◆うしとらブルワリー(栃木県)
下北沢の老舗ビアバーが栃木・下野市に立ち上げた醸造所。バラエティと面白みのあるビール造りに取り組む。

◆城端麦酒(富山県)
越中の小京都言われる南砺市城端。世界遺産合掌集落に向かう山の麓にあります。

◆湘南ビール(神奈川県)
湘南唯一の蔵元・熊沢酒造がドイツの伝統的製法を継承して醸造。「World Beer Cup」で5度の受賞歴を誇る。

◆スワンレイクビール(新潟県)
白鳥の湖・瓢湖のそばに佇むブルワリー。越後名水をはじめとした素材にこだわり、アメリカでも金賞を受賞。

◆箕面ビール(大阪府)
大阪府北部、お猿さんがいる箕面(みのお)市で、「らしさ」を追求したビールづくりに取り組むブルワリー。

 

サッポロクラフトビアフォレスト(Sapporo Craft Beer Forest )

会場 さっぽろばんけいスキー場(札幌市中央区盤渓410番地)※雨天決行
日時 1日目:2018年7月7日(土) 開場12:00~18:00 ※ラストコール1時間前
2日目:2018年7月8日(日) 開場12:00~18:00※ラストコール1時間前
入場料 当日500円

公式サイト
サッポロクラフトビアフォレスト

Facebookで詳細が紹介されています

>>芝生に座り、自然に囲まれて飲むビールは最高!「サッポロクラフトビアフォレスト」

関連記事

twitter

ページ上部へ戻る